放射線安全管理研修会

平成21年度 放射線安全管理研修会の募集が始まりました!
 
 

 当協議会は、放射性同位元素等を取扱う者の認識を高め、安全管理を徹底し、放射線障害の発生を未然に防止するよう適切な対策の検討・推進をしていくことを目的に、関係機関が集まり、協力して自主的に活動する機関として昭和49年に設立されました。ご案内の研修会はその一環として開催するものです。

  現在国においては、産業用の原材料として広く利用されている自然起源の放射性物質を含んだ鉱石などからの放射線被ばくによる健康上のリスク低減を目的として、これらの原材料等を取り扱う事業者を対象とした自主的な安全管理のためのガイドラインの検討が進められております。

 このような状況を踏まえ、本研修会は、(財)原子力安全技術センターの共催及び(社)日本アイソトープ協会放射線取扱主任者部会の協賛により、国の担当官による「ウラン又はトリウムを含む原材料、製品等の安全確保に関するガイドライン」の検討状況及び最近の放射線安全行政の動向について並びに放射線測定・校正に関する講演及びパネルディスカッションを予定しております。 詳細は開催要領をご参照ください。


平成21年度 放射線安全管理研修会開催要領
申込書

東京会場の風景

 
 
平成20年度の実績
平成19年度の実績
平成18年度の実績
平成17年度の実績
平成16年度の実績


Back