放射線安全管理研修会

平成26年度(秋期)放射線安全管理研修会の受講申込受付を開始しました!
 
 

 当協議会は、放射性同位元素等を取扱う皆様の認識を高め、安全管理を徹底し、放射線障害の発生を未然に防止するよう適切な対策の検討・推進をしていくことを目的に、関係機関が集まり、協力して自主的に活動する機関として昭和49年に設立され研修会等の諸活動を実施しております。
 本研修会はその活動の一環として、公益財団法人原子力安全技術センターとの共催並びに公益社団法人日本アイソトープ協会及び医療放射線防護連絡協議会の協賛により開催するものです。
 今回の研修会では、「放射線障害防止法関係の最近の動向」と題して原子力規制庁担当官から放射線障害防止法に基づく安全行政について講演を頂くとともに、「放射線被ばくを考える」を放射線防護の専門家から、また、福島原発事故後3年を経過した今もなお抱かれ続けられている低線量被ばく線量への過度な不安にどう向き合うべきかを、特別講演として「福島原発事故から学ぶ放射線の健康影響と核医学治療」と題して放射線健康影響の専門家からの講演を予定しております。
 また、今回は、平成26年4月より放射化物を所持する事業所は放射化物保管設備又は保管廃棄設備に放射化物を保管することが義務づけられたことを受けて、「加速器施設における放射化物の管理」についてのパネルディスカッションを企画しました。
 本研修会は第一線で活躍する様々な分野における専門家を講師に迎えた講演を受講することができる貴重な機会であり、放射性同位元素や放射線発生装置等取扱事業所の安全管理に携わる皆様並びに、放射線にご関心をお持ちの皆様にとって非常に有益な情報を得ることのできる内容になっております。
 関係各位には、本研修会に奮ってご参加されますよう、ご案内申し上げます。

平成26年度(秋期)放射線安全管理研修会開催要領
申込書

東京会場の風景

 
 
平成25年度(春期)の実績
平成25年度(秋期)の実績
平成24年度(春期)の実績
平成24年度(秋期)の実績
平成23年度(春期)の実績
平成23年度(秋期)の実績
平成22年度(春期)の実績
平成22年度(秋期)の実績
平成21年度(春期)の実績
平成21年度(秋期)の実績


Back